Top >  ファイル共有ソフト関連ニュース >  ファイル共有ソフト「ウィニー」のメール版「匿名通信手法」電通大が開発

ファイル共有ソフト「ウィニー」のメール版「匿名通信手法」電通大が開発

電子メールのアドレスを相手に知られることなく送信でき、受信者は送信先
のアドレスが分からなくても返信できる「匿名通信手法」を電通大が開発し
ました。

現在電子メールは、発信者のメールアドレスが受信者に分かるようになって
いる
。このため、メールを使って内部告発をしようと思っても、自分のメー
ルアドレスが相手に知られてしまうため、プライバシーが守りにくく、内部
告発にはメールを使いにくいと指摘されています。

しかし、電通大が開発した技術を使えば、発信者は専用の匿名メールソフト
を使い、メールを流すサーバーのルートを複雑に設定するため、メールには
幾重にも暗号がかけられ、メールを送信すると、サーバーが暗号を1つずつ
解除しながらメールを最終的にメールのあて先に届ける仕組みとなる

ただし、受信者も匿名メールソフトをコンピューターに組み込んでいること
が条件で、組み込まれていれば、発信先のアドレスがわからなくても、メー
ルが来たルートの逆をたどって、発信者のもとにメールを返信することがで
きます

この技術はいわば、社会問題になっている匿名ファイル共有ソフト「ウィニー」
のメール版と言えると思います。「ウィニー」は隣同士のサーバーは分か
っても、その先に無限のサーバーがつながっていて誰がファイルを公開し
たかが分からない構造となっています。

これにより、発信者のアドレスを隠すことができるため、いじめなどの相
談や、組織の内部告発などに役立つのではないでしょうか。
今後の動向が注目されると思います。

 <  前の記事 Winny通じ76件の顧客情報ネットに流出「千葉銀行」  |  トップページ  |  次の記事 ファイル共有ソフトを経由して拡大するトロイの木馬  >