Top >  ファイル共有ソフト関連ニュース >  Winnyによる著作権被害は総額100億円規模と推定

Winnyによる著作権被害は総額100億円規模と推定

Winnyによる著作権被害が問題になっていますが、コンピュータソフトウェア
著作権協会(ACCS)日本音楽著作権協会(JASRAC)の発表によると、
「Winny」ネットワーク内で権利者の許可を得ないまま流通している音楽
ファイルとコンピュータソフトウェアなどの被害額は、コンピュータソフ
トウェアなどは95億円、音楽ファイルは4.4億円にのぼることがわかりました。

総額にすると100億円規模になるわけで、改めて被害額の大きさに愕然と
しました。

調査によると、ユーザ数は少なくとも21万人、音楽ファイルは約61万ファイル(約4.4億円相当)、ビジネスソフトウェアは約61万タイトル(約 19.5億円相当)、ゲームソフトウェアは約117万タイトル(約51.3億円相当)、アニメーションは約18万タイトル(約17.2億円相当)、コミックは約159万タイトル(約7億円相当)が流通していたと言うことです。(2006年10月10日、8時から24時までの6時間に実施)[Yahoo!ニュースより引用]

ACCSとJASRACは、Winnyユーザーに対してホームページなどで注意喚起活動を行っているが、あまり効果はないようですね。

また、Yahoo! オークションを初めとするインターネットオークションサイトにて、不正コピー商品を販売する業者も多く、知らずに買ってしまう人もいるのではないでしょうか。

結局、個人のモラルの問題になってしまいますが、Winnyのようなファイル共有ソフトは、悪用される危険性を伴うことは否定できないので、現在40万人以上いるとされるWinnyの利用者は、その危険性を自覚するべきだと思います。

 <  前の記事 ファイル共有ソフトWinnyを介して陸自の情報流出、27件新たに判明  |  トップページ  |  次の記事 中学教諭、ウィニー介し 名簿など個人情報流出!  >